デザイン初心者でも見た目が変わる文字と書体の基本ポイントとは!?

デザイン初心者でも見た目が変わる文字と書体の基本ポイントとは!?

デザイン初心者は制作する際に文字や書体の基本的な特徴をまず覚えることが大切です。

書体は世の中にとても多くの種類があり、それを1つ1つ覚えるのは容易ではありません。この記事ではデザイン初心者が押さえておくべき書体のカテゴリや分類についてわかりやすく説明しています。

この特徴がわかればデザインに使用する書体選びにも困らなくなることだと思います。

デザイン初心者でも人を惹き付ける文字や書体の基本ポイントとは!?

読み手がデザインされた制作物や資料から受けるイメージは、デザインで使用された写真や画像だけではなく、書体の種類や文字要素の配置等により大きく変わります。

制作時にレイアウトされた文字の読みやすさや視認性も大切な要素の1つです。この記事では文字と書体の基本知識とその知識をデザインに取り入れる具体的な方法を説明します。

文字は情報伝達の基本要素になります。文字と書体は基本的に視認性を確保できているかどうかがポイントとなります。ですので読み手が制作物や資料から受けるイメージは、使用する書体がどのように使われているかにより大きく変わります。

読み手に伝えたい情報や与えたいイメージに応じて最適な書体を選択を選択して視認性を確保しておくことが必要です。

書体の種類は何があるのか?

和文にはゴシックと明朝体、欧文にはサンセリフ体とセリフ体があります。

ここでの和文は漢字、ひらがな、カタカナを扱うことが出来る書体の総称として記載しています。ここでの欧文はアルファベットや半角記号などの和文を取り扱うことができない書体の総称として記載しています。

和文書体の一例

和文書体の種類

欧文書体の一例

欧文書体の種類

同じ文字でも書体により特徴が異なり見た目のデザインが変わります。大きな分類であるゴシック体と明朝体、サンセリフ体とセリフ体の違いを覚えておくと良いでしょう。

書体が与える文字のイメージとは何か?

デザインが読み手に与えるイメージは、どの種類の書体を使用するかによって大きく変わります。実際に下図2つのデザインを見てみましょう。

左側ではゴシック体とサンセリフ体を使用しています。右側では明朝体とセリフ体を使用しています。デザインレイアウトは同じですが、左側からはポップな感じのイメージを感じます。右側からは少し高級感のあるイメージを感じると思います。

書体で読み手に与えるイメージは変る

同じデザインレイアウトを使用していても、書体が書体が異なると見た目のイメージが異なります。書体はそれだけデザインのイメージを左右してしまうのです。

文字を書体の持つ力でデザインやレイアウトに生かしていこう!

下図にいくつかの具体的な制作を行ってみました。それぞれを見ると瞬時にイメージが異なることに気がつくと思います。

これは書体本来がもっている力ということです。デザイン初心者は同じデザインであっても基本となる書体を変更して2種類制作を行い、それぞれを見比べるとより効果がわかることだと思います。

自分なりのデザインの概念があるとは思いますが、ここではあえて固定概念を置いて試すと良いでしょう。きっと文字と書体のデザインヒントになることだと感じます。また、自分で何度も試すことで書体の基本知識は自然と身につくことでしょう。

左側はゴシック体を使用し、右側は明朝体を使用しています。

ゴシック体と明朝体

左側はゴシック体を使用することで文字の線幅がほぼ均一であるため視認性が高く、安定感のあるイメージになります。

右側は明朝体を使用することで文字の線幅に強弱があるため左側ゴシック体と比べ、タイトル文字が若干弱く見えますが、厳格・堅い・美しいといったイメージがあります。

下図の左側はサンセリフ体をメインに、ゴシック系の書体でデザインをしています。右側はセリフ体をメインに、明朝体の書体でデザインしています。

サンセリフ体メインとセリフ体メイン

左側はサンセリフ体を使用することでポップな印象はありませんが、ステージやショーなどのエンターテイメント性が感じられます。

右側はセリフ体をメインに使用することで、落ち着いたイメージが強調され、ミステリアスな雰囲気が感じられます。

下図の左側は文章をゴシック体でデザインレイアウトした例です。右側は文章を明朝体でデザインレイアウトした例です。

文章をゴシック体と明朝体でレイアウト

左側は文章をゴシック体でデザインレイアウトすることで楽しそうで、若々しく、ポップなイメージが感じられます。

右側は文章を明朝体でデザインレイアウトすることでゴシック体に比べ、かしこまった印象があり、ノスタルジックな印象も感じられます。

文字には書体という大きな分類があり分類ごとの基本的な特徴とは!?

デザインをする際は書体の種類を覚えることが使いこなすポイントです。

和文の明朝体や、欧文のセリフ体の書体は主に「権威的」「歴史的」「品格」といったイメージを読み手に与えます。これらのイメージは書体の線幅により使い分けると良いでしょう。

明朝体とセリフ体の特徴とは?

明朝体とセリフ体は、文字の右端に「セリフ(うろこ)」と呼ばれる盛り上がった飾りがあります。

また文字中の横線よりも縦線のほうが太い書体の総称になります。この特徴から明朝体とセリフ体は基本的にスマートと見えるため、小さくても視認性や可読性に優れています。

明朝体とセリフ体の特徴

身近な紙面としては、新聞や教科書などの長文で広く使用されています。

明朝体とセリフ体が読み手に与えるイメージとは?

明朝体やセリフ体が読み手に与えるイメージは、縦線の太さによって変わります。

縦線幅が太い書体は「力強い」、「権威的」、「歴史的」、「男性的」、「大人」などのイメージを感じます。

縦線が細くなるにしたがって「弱い」、「柔軟」、「モダン」、「女性的」、「中性的」、「品格」といったイメージを感じることができます。参考例として下図を見てみましょう。

明朝体が与える印象
セリフ体が与える印象

明朝体やセリフ体の太さを選定することはイメージを左右します。

明朝体は手書きした筆文字の楷書を一定のルールで形式化した書体と考えて良いでしょう。

1文字1文字の跳ねやはらいがあるのが特徴です。

セリフ体は手書きの平筆で書かれた文字を一定のルールで形式化した書体です。筆先の跡の飾り(セリフ)が書き始めと終わりにあるのが特徴です。手書きメインのデザイナーさんやキャリアが何十年と長い方は、別名でローマン体と表現する場合もあります。

1つ1つの書体には制作された意図がある。

書体を選定する際は、その書体が開発された経緯なども調べてみると面白い、なるほど!と言った印象に残るものとなります。印象に残れば書体の利用シーンもイメージしやすくなるのではないかと思います。

例えば、デザイナーに人気の「DIN」という書体は元々ドイツ工業規格のために開発された書体です。

その幾何学的な書体のフォルムに目をつけたデザイナーが本来の目的や用途とは異なる、さまざまなデザインで使用したため注目度が高まり、今ではデザインするうえで王道な書体といってよいほどの存在になりました。

ゴシック体とサンセリフ体の特徴とは?

ゴシック体とサンセリフ体は、明朝体とセリフ体にあるセリフ(うろこ)がなく、文字の縦横線が均一の太さになっている書体の総称になります。

ゴシック体とサンセリフ体の特徴

塗りの面積が大きい特徴から「黒く目立つ」ように見えるため、小さくても高い視認性を確保できます。強調したいタイトルや見出しなど、さまざまなグラフィックやWebデザインはもとより、公共施設のサインなどでも幅広く使用されています。

ゴシック体とサンセリフ体が与えるイメージとは?

ゴシック体やサンセリフ体が読み手に与えるイメージは、文字線の太さにより変わります。

線幅が太い書体は「力強い」「元気な」「男性的」「厳格」「安定感」などのイメージを感じます。

線幅が細くなるにしたがって「明るい」「繊細」「女性的」「中性的」「都会的」といったイメージを感じることができます。参考例として下図を見てみましょう。

ゴシック体が与える印象
サンセリフ体が与える印象

ゴシック体やサンセリフ体の太さを選定することはイメージを左右します。

ゴシック体とサンセリフ体は、縦横の線幅がほぼ同じです。余分な装飾がなく現代的なイメージの書体です。視認性を強く確保できます。

文字の形状を表す用語に「書体」と「フォント」の2種類がある!?

細かい内容になりますが、書体とは字体を統一したコンセプトに基づいてデザインされた形状のことです。

和文には明朝体、ゴシック体などがあります。ではフォントとは何かと言いますと元々は金属を使う活字印刷時代に同じサイズ、同じデザインの欧文活字を指した言葉なのです。(当時は文字サイズが違うだけでも別名称だったとか聞いたことがあります)。

現在では共通デザインのひと揃いの文字の集まりのことを「フォント」と呼ぶことが多いです。書体とフォントはほぼ同じ意味合いとして使われることも多く使用される用語は、あいまいになっているのが実情です。

デザイン初心者が覚えておくべき文字と書体基本知識のまとめ

  • 和文はゴシックと明朝体、欧文はサンセリフ体とセリフ体があり基本書体として覚える。
  • 書体のイメージを覚えてシーンにあった書体選びをする。
  • 1つ1つの書体には誕生秘話があり、それを知ることで書体のイメージを覚えることができる。
  • 現代のデザインで使われる用語として書体とフォントは同類語として使われている。
  • デザインに書体を使うときには候補を絞り2〜3種類に減らすこと。
  • デザイン初心者はファミリー書体を使うことで統一感を演出すると良い。

私もデザイン初心者の頃は文字を様々な書体で表現し感動していました。

デザインであれこれと使用した結果「その書体ではない方が良い」や「文章自体を削除する修正」等を経験したことがあります。

これは今思えば、思いつきで書体を選び制作物の目的や用途のデザインに即していない結果であったことは間違いありません。

書体選びはデザイン要素である色や写真、揃える箇所は揃える、グループ化する等様々な要素の1つです。要素の1つですが、文字を読ませるという情報伝達は書体選びにかかっているといっても過言ではありません。

デザイン初心者のうちは書体選びは難しいかもしれませんが、この記事を読んで少しでも知識として取り入れることができればデザインをワンランク上まで上達させる要素の1つになるのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする