デザイン系基礎・スキルアップ情報一覧

デザイン系の基礎・スキルアップ情報等を掲載しています。

デザイン初心者は必須!読みやすい文字の大きさと行送りや行長のポイントとは!?

読みやすい文章の特徴は文字の大きさにポイントがあります。読みやすい文章には行送りや行長の細かな設定も密接に関係しています。この記事では、文字の大きさと文字の大きさに密接に関係する行送りや行長についてわかりやすく説明しています。

読みやすい書体!デザイン初心者が本文で選ぶ書体選びのポイントとは!?

デザイン初心者にとって書体選びは意外に迷うものです。選んだ書体で本文は読みやすいデザインになっているのか気になるところです。普段目にする雑誌や書籍は違和感なく見ることができます。この記事では本文に使用する書体選びや本文に使用する設定をわかりやすく説明しています。

デザイン初心者でも出来る!アイコン化で読ませる!見せる文字!そのポイントとは!?

デザインをする際に読ませる文章と見せる文字ではデザインへの工夫次第で見え方は変わってきます。特に文字が多い場合や制作サイズが限られている場合は、文字の大小では内容のメリハリが確保できない場合があります。デザイン初心者は見せ方が単調になってしまいデザインのバリエーションが少なくなりがちです。この記事では見せる文字としてアイコン化をして読ませるポイントを書いています。

デザイン初心者でも出来る!適切な欧文と和文書体の使い方と見栄えするタイトルの作り方とは!?

デザイン初心者は何が適切な書体なのかわからないと思います。デザインをする際に欧文と和文書体があり使い方や設定で見た目は大きく異なります。特に大きいタイトルなどは影響が大きいです。この記事では、欧文と和文書体の使い方やタイトルで使う場合の説明を書いています。

デザイン初心者は書体の個性を把握し実践に活かすポイントとは!?

デザイン初心者は書体選びに時間がかかることも多いと思います。書体はそれぞれ個性があり少し特徴を覚えることで、目的と用途に合わせた最適な書体を判断できるようになります。また1つのデザインで使用する書体を厳選することで統一感を演出できます。

デザイン初心者でも見た目が変わる文字と書体の基本ポイントとは!?

デザイン初心者は制作する際に文字や書体の基本的な特徴をまず覚えることが大切です。書体は世の中にとても多くの種類があり、それを1つ1つ覚えるのは容易ではありません。この記事ではデザイン初心者が押さえておくべき書体のカテゴリや分類についてわかりやすく説明しています。

デザイン初心者は色の視認性をマスター!トーンを揃えた調和が良い配色のポイントとは!?

デザイン初心者は色の作用と視認性に関する知識を習得することで立体的に配色を行ったり、調和のとれたトーン調整が可能になります。この記事では色が与えるイメージとトーンについてデザイン初心者に分かりやすく説明しています。

デザイン初心者が色や配色の印象、イメージを簡単に理解する方法とは!?

デザイン初心者は色や配色を理解せずにデザインの印象やイメージをコントロールすることはできません。色や配色にはそれぞれが持つ印象があるため色の情報にある程度左右されます。この記事では色が持つ印象や配色が持つイメージについて初心者にわかりやすく説明しています。

デザイン初心者は配色の基本を覚えよう!デザイン紙面に考慮すべき配色の基礎知識とは!?

デザイン初心者はまず配色の基本を覚えることが大切です。デザインイメージを引き出すには、色が持つ特徴を上手につかうことで効果を発揮できます。レイアウト要素や書体要素、写真要素が同じデザインであっても、配色の使い方により紙面のイメージは大きく異なります。

写真と文字を一体化しデザインイメージを膨らませ、用途・目的で使い分けるポイントとは!?

紙面のデザインイメージを膨らませる技法に、写真と文字を一体化させる方法があります。これはシンプルでありながら効果が大きいデザイン手法です。写真は用途・目的に合わせて使い分ける必要があります。複数枚の写真をメインとサブで役割を与えて情報のコントロールを行いましょう。